炭酸泉の温泉の特徴

あまり見かけることがない貴重な炭酸泉温泉ですが、それは温泉の使い方が難しいことにあるようです。

サイトトップ > 炭酸泉の温泉について

スポンサードリンク

炭酸泉の温泉の特徴

炭酸泉の温泉について


みなさん、お風呂の入浴剤のひとつである「きき湯」をご存知でしょうか? 中には使ったことのある方もいらっしゃるでしょうね。 テレビーコマーシャルでも宣伝していましたよね。 私は疲れているときなど、購入して良く使っています。 とても気持ちが良い入浴剤です。


この「きき湯」が発売される、そのきっかけとなった、炭酸泉と言う温泉をご存知でしょうか? 長湯温泉などが炭酸泉温泉の代表と言われています。 では、この炭酸泉とは、どう言ったものなのでしょうか? 炭酸と言う言葉はみなさんも聞きなれていると思います。 コーラ、ソーダなどシュワシュワっとした飲み物は炭酸ですよね。 ですが、炭酸は飲み物だけではないのです。 温泉にも炭酸があり、それを炭酸泉と呼びます。


コーラが入ったコップの中、またはソーダが入ったコップの中に、みなさんは、指を入れたことはありますか? こんなことをする人も少ないでしょうが、私は子供のころ、よく指を入れて遊んでいました。 炭酸の飲み物の中に、指を入れると、指に炭酸の泡がくっついて面白いのです。 泡と言うか炭酸の気泡ですね。


温泉で炭酸泉と呼ばれているものが話題になり、人気を集めているそうです。 炭酸と聞くと、どうしても飲む炭酸飲料をイメージする人も多いでしょう。 それと同じように、温泉成分が炭酸泉を含有して湧き出ているものです。 これはとても珍しい温泉だと思います。 あまり見かけることがない貴重な炭酸泉温泉ですが、それは温泉の使い方が難しいことにあるようです。


炭酸泉の温泉の特徴

MENU



スポンサードリンク